がんばれ!信州サッカー

 サッカーJリーグは11日、J1、J2、J3の開幕戦とホーム開幕戦の対戦カードを発表した。昨季J2で初優勝し、4年ぶりのJ1に挑む松本山雅FCの開幕3試合は、ジュビロ磐田、大分トリニータ、浦和レッズと対戦することになった。
 松本山雅は開幕から敵地での2連戦。開幕戦は2月23日で、ヤマハスタジアム(静岡県磐田市)で磐田と対戦し、3月2日の第2節は、ともにJ1昇格した大分と大分銀行ドーム(大分市・3月1日から昭和電工ドーム大分)で当たる。ホーム開幕戦は同9日の第3節で、松本市のサンプロアルウィンに浦和を迎える。
 J3のAC長野パルセイロは、3月10日の開幕戦はJ2から降格するロアッソ熊本とえがお健康スタジアム(熊本市)で対戦し、同17日の第2節でJ3に昇格したヴァンラーレ八戸を長野市の長野Uスタジアムに迎える。
 J1は2月22日にセレッソ大阪―ヴィッセル神戸のカードで開幕。全ての対戦カードや試合開始時間などの詳細は今月23日に発表される。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外