がんばれ!信州サッカー

松本山雅に新加入した(後列左から)服部康平、塚川孝輝、大野佑哉、米原秀亮、田中謙吾、榎本樹、エドゥアルド(前列手前左から)高橋諒、杉本太郎、溝渕雄志、山本龍平、那須川将大、町田也真人

 サッカーJ1松本山雅は12日、新加入選手発表記者会見を松本市内で開いた。この日までに加入が決まった13選手が、今季に向けた意気込みや決意を表明。13日に始まる全体練習に向けて気持ちを高めていた。
 13選手の内訳は、昨季J1でプレーしていたのが川崎から移籍したDFエドゥアルド(25)と湘南から加入したDF高橋諒(25)の2人。J2からは千葉のMF町田也真人(29)ら7人、J3からはAC長野のGK田中謙吾(29)1人で、高校や大学の新卒が3人。平均年齢は24・2歳と若く、柴田峡編成部長は「若手の成長によってチーム内競争を促したい」と編成の狙いを話した。
 柴田編成部長は会見で、この13人とは別にFWの獲得を目指していると説明。関係者によると、昨季ブラジル1部でプレーしたブラジル出身選手で、日本でのメディカルチェックを経て週明けにも完全移籍での加入が決まる見通しだ。
 クラブはこの日、全選手の背番号と指導陣の顔ぶれも発表。DF今井智基(28)、FW永井龍(27)、GK高東民(ゴ・ドンミン=20)の3選手と、大分への期限付き移籍から復帰するMF宮阪政樹(29)の背番号が変更になった。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外