がんばれ!信州サッカー

ドリブルの練習をする堂安(右から2人目)らAC長野の選手

 サッカーJ3のAC長野パルセイロは21日、長野市の長野Uスタジアムで今季初の全体練習を行った。新加入10人を含む計29人の選手全員が参加。今季から指揮を執る横山監督は「よく動けていたと思う。全力を出して、一日一日しっかりアピールしてもらいたい」と語った。
 屋内練習場でストレッチを行い、ピッチで2人一組でのランニングをして体を温めた。再び屋内練習場に戻り、ボールを使ってドリブルやリフティング、ボール回しなどをこなして約2時間で全体練習を切り上げた。
 過去最低の10位に沈んだ昨季から巻き返し、今季はJ3優勝とJ2昇格を目指す。昨季5得点を挙げた2年目のMF堂安は「若い人が増えて勢いを持って練習できた。10ゴール以上は狙っていきたい」。チーム最古参で11年目となるDF大島は「堅守を取り戻すために良い準備をしていきたい」と気持ちを新たにしていた。
 2月1〜11日に和歌山県で1次キャンプを行い、同16〜25日に静岡県で2次キャンプを実施。3月10日の開幕戦に向けて仕上げていく。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外