がんばれ!信州サッカー

加藤市長(左)に今季の意気込みを語る横山監督(中央)と本田監督

 サッカーのAC長野パルセイロの堀江三定社長とトップチーム(J3)の横山雄次監督、レディースチーム(なでしこリーグ1部)の本田美登里監督が22日、長野市役所で加藤久雄市長と懇談し、それぞれ今季の活躍を誓った。
 今季から指揮を執る横山監督は「一体感を持って戦い、結果を出して(サポーターの)期待に応えたい」とし、「J2昇格が目標」と語った。就任7シーズン目の本田監督は「改めて襟を正して覚悟を持ってやっていく」と強調。選手の移籍、若手の加入などメンバーの入れ替わりが多く「もう一度土台をつくり、優勝を狙えるチームにしていきたい」とした。
 加藤市長は「一つ一つの試合を大事にして、観客やサポーターの応援を力に頑張ってほしい」と激励した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外