がんばれ!信州サッカー

包括連携協定に署名する峯村町長(右)と堀江社長

 飯綱町と、長野市を拠点とするサッカーAC長野パルセイロは4日、包括連携協定を結んだ。「スポーツを通じた地域振興や情報発信」で、協力してまちづくりを進めると確認。県庁で調印式を開き、峯村勝盛町長と堀江三定社長が協定書に署名した。
 協定は、AC長野を「飯綱町の活力を高めるための地域資源」と捉える一方、町民らは「チームを応援・支援する機運」を高め、連携して「スポーツ文化の定着を図る」と明記。これに基づき、町が旧牟礼西小学校の校庭に整備する人工芝グラウンドで、小学生向けサッカー教室を開いたり、トップチームが練習したりする。
 調印式で峯村町長は「スポーツを通じ、町民が町に住んでいることを誇りに思えるようになるといい」とあいさつ。堀江社長は「町に浸透し、町民に元気を与えられる活動がしたい」と話し、夏場に首都圏で開かれている大会について、冷涼な町内への誘致を目指すとした。
 調印式後、2人は阿部守一知事に協定締結を報告。知事は、学校現場の働き方改革の一環で部活動も縮小する流れがあるとし、協定に基づく活動が「スポーツをもっとやりたい子の受け皿になるといい」と話した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外