がんばれ!信州サッカー

2年目の飛躍を誓うAC長野・滝川

 サッカー女子なでしこリーグ1部は21日に開幕し、昨季7位からの巻き返しを狙う1部4年目のAC長野パルセイロ・レディースは、さいたま市の浦和駒場スタジアムで同4位の浦和と対戦する。AC長野は攻守とも積極的に仕掛けていくスタイルで、3年連続の開幕勝利を目指す。
 皇后杯を含む昨季の対戦成績は1分け2敗。敗れた試合はともに0―1で落としている。
 昨季の主力選手の半数近くが退団したAC長野は、在籍がいずれも6年目となったFW横山やボランチ国沢、GK池ケ谷を中心にチームの底上げを図ってきた。2年目のFW滝川のほか、高卒ルーキーのMF滝沢やDF原、22歳のMF大久保ら若手が先発候補に挙がる。
 浦和は今季、ボールを回しながら攻撃を組み立てる戦術に力を入れている。AC長野は「前からボールを奪って得点につなげる」(本田監督)守備を主に採用する方針。選手間のコミュニケーションを密に取り、リスクを未然に防ぐ守りを徹底できるかが勝敗の鍵を握りそうだ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外