がんばれ!信州サッカー

磐田戦での先発出場を狙う松本山雅・塚川(左から3人目)

 サッカーのYBCルヴァン・カップ1次リーグ第3節は10日、各地で8試合を行う。D組の松本山雅は、松本市のサンプロアルウィンで磐田と対戦する。同組は1勝1敗で4チームが並んでおり、松本山雅は1次リーグ突破のために勝ち星を先行させたい。
 6日のJ1リーグ戦第6節から中3日。14日には第7節が控えるため、松本山雅は6日の試合から先発全員を入れ替える方針だ。宮阪や中美らルヴァン杯でアピールした選手がJ1リーグ戦で出場機会をつかんでチーム力を高めており、今節もJ1リーグ戦の出場機会が少ない選手が存在感を示せるかがポイントだ。
 磐田戦では、今季まだ公式戦で先発出場の機会がない選手に先発のチャンスが与えられそうだ。攻撃的な1・5列目は杉本や塚川、中盤の左では那須川が先発の座を狙う。来季加入が内定し、特別指定選手となった中大4年の三ツ田も3バックの左で先発する可能性がある。素早い攻守の切り替えや球際の激しさを取り戻して勝った6日の神戸戦を踏まえ、反町監督は「神戸戦が本物の姿だったと証明する試合」と強調する。
 磐田とはJ1リーグ戦の開幕戦で対戦し、1―1の引き分けだった。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外