がんばれ!信州サッカー

湘南戦に向けた練習で競り合う松本山雅の中美(手前左)と高橋(同右)

 サッカー明治安田J1第7節は13、14日に各地で9試合を行う。勝ち点7で12位の松本山雅は14日、神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚で8位(勝ち点9)の湘南と対戦する。前節は神戸に勝ち、連敗を3で止めた松本山雅。今季初の連勝で勝ち点を2桁に乗せたい。
 神戸戦では球際の激しさや攻守の素早い切り替えを徹底。走力やセットプレーといった強みを生かして2―1で競り勝った。松本山雅と似たスタイルの湘南に対しては、神戸戦で示した姿勢に加えてプレーの精度や質で相手を上回ることができるかが勝負の鍵を握る。
 先発は神戸戦と同じ顔ぶれが軸。神戸戦で脚の付け根付近を痛めてベンチに退いたパウリーニョも湘南戦の出場に支障はなさそうだ。
 神戸戦では今季のJ1リーグ戦で初めて複数得点したが、ともにセットプレーから。FW陣のゴールは第2節で永井が挙げた1点にとどまる。開幕から先発出場を続ける前田や、2試合連続で先発しているレアンドロペレイラは結果を出したい。3月末に左脚を痛めて離脱した永井が全体練習に復帰。10日のルヴァン・カップで結果を残した杉本も状態を上げており、攻撃陣の層は厚くなっている。
 湘南はここまで3勝3敗。ルヴァン杯を含めると公式戦2連敗中と元気がない。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外