がんばれ!信州サッカー

FC東京戦に向けて練習する松本山雅・飯田

 サッカー明治安田J1第9節は27、28日に各地で9試合を行う。勝ち点11で10位の松本山雅は28日、東京都調布市の味の素スタジアムで首位(勝ち点20)のFC東京と対戦する。今季無敗の強敵に対して、最近3試合は2勝1分けと好調な松本山雅の力がどこまで通用するか。敵地で勝ち点を得て自信を深めたい。
 第5節まで3連敗した松本山雅だが、第6節で神戸に勝つと、湘南との引き分けを挟んで前節は鳥栖に完封勝ち。連敗を受けて先発に起用された飯田や中美らが持ち味を出し、チームにいい流れをもたらしている。
 脚を痛めたGK守田は全体練習に復帰しておらず、26日の非公開練習には宮阪も不参加だったもよう。前節と同じ先発が軸だが、流動的な要素もある。反町監督はFC東京について「内容を見ても現時点では一番強い。失点ゼロに抑えることも、2点以上取ることも難しい」と分析。勝ち点を取るためには、相手の攻撃を全員守備で食い止め、少ない好機を生かすことが求められる。
 FC東京は3連勝中。目の違和感で前節は欠場した久保も復帰する見通しで、各ポジションに力のある選手が並ぶ。ピッチ中央のスペースを消す堅い守備をこじ開けるために、松本山雅はサイドに起点をつくることが突破口になるか。相手の縦に速い攻撃には最大限の警戒が必要だ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外