がんばれ!信州サッカー

選手になりきって写真撮影する山雅サポーター

 サッカーJ1松本山雅FCが2―1で神戸に勝利した6日、山雅スポンサーのセイコーエプソン(諏訪市)が、会場のサンプロアルウィン(松本市)で自社製品を生かした多彩な企画で1万9千人近くの観衆をもてなした。
 スタジアム入場口などには、大判プリンターで印刷した選手の写真を展示した。スタジアムのスクリーンに流れる選手紹介のような画像を撮影できるコーナーでは、低価格で大量に印刷できる大容量インクタンク搭載のプリンターを活用。客は仮設スタジオで選手になりきって写真を撮り、自分の名前と好きな背番号を添えて印刷した写真を受け取った。スマートフォンに保存してある写真を試合の情報と共に印刷できるコーナーもあった。
 企画は、製品の需要喚起などを目的に年1回開催。今季は元スペイン代表のイニエスタ選手らを擁し、注目度が高い神戸戦を選んだという。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外