がんばれ!信州サッカー

湘南−松本山雅 後半38分に同点ゴールを決め喜ぶ松本山雅・レアンドロペレイラ(左下)

 サッカーJ1の松本山雅FCは14日、神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚で湘南ベルマーレとの第7節に臨み、1―1で引き分けた。2連勝は逃したが、2試合連続の負けなしで2勝2分け3敗の勝ち点8とし、12位をキープした。
 松本山雅は後半6分に先制点を奪われたが、そこから前線にMF杉本太郎とFW永井龍を投入して試合の流れを引き寄せた。同38分、一度は相手に阻まれたボールをFWレアンドロペレイラが奪い返し、豪快に右足を振り抜いてゴール右隅に同点ゴールを決めた。その後の攻勢で勝ち越し点を奪うことはできなかったが、敵地で貴重な勝ち点1をつかんだ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外