がんばれ!信州サッカー

清水―松本山雅 前半21分、先制点を決め、仲間と喜ぶ松本山雅・溝渕(右)

 Jリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグ第4節は24日、静岡市のIAIスタジアム日本平などで8試合を行った。D組の松本山雅は清水と2―2で引き分け、勝ち点4で順位は最下位のまま。D組のもう1試合はG大阪が磐田に4―1で勝ち、勝ち点7で首位に立った。
 松本山雅は20日のJ1第8節からGK村山を除く先発全員を入れ替え、溝渕と山本龍を今季の公式戦で初起用した。清水も20日の試合から先発9人を入れ替えた。
 松本山雅は前半21分、山本龍の左クロスを遠いサイドの溝渕が頭で押し込んで先制。同23分には左CKをエドゥアルドが頭で決めて2点のリードを奪った。しかし、同43分と48分に連続失点してリードを失うと、後半は相手の攻勢に耐える時間が長くなり、勝ち越し点を奪えなかった。
 仙台はB組2位以内を確保し、プレーオフ進出を一番乗りで決めた。
 第5節は5月8日に行い、松本山雅は静岡県磐田市で磐田と当たる。松本山雅の次戦は4月28日のJ1第9節で、東京都調布市でFC東京と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外