がんばれ!信州サッカー

J1通算400試合出場が懸かる名古屋戦に向けて練習する松本山雅・田中隼

 サッカー明治安田J1第13節は25、26日に各地で9試合を行う。勝ち点12で13位の松本山雅は26日、愛知県豊田市の豊田スタジアムで2位(勝ち点24)の名古屋と対戦する。4試合続けて無得点で未勝利の松本山雅。1カ月ぶりの勝利がほしいが、相手の攻撃に耐えて勝ち点1をもぎ取ることが現実的な目標だろう。
 松本山雅は前節、鹿島に0―5で大敗した。名古屋戦は早い時間帯に失点するようだと戦意を失いかねないだけに、隙をつくらず我慢強く守れるかがポイントになる。
 停滞感のあるチームに刺激を与えるため先発の入れ替えがありそうだが、主力を脅かすような突き上げが足りないのが現状だ。左脚のけがから復帰した町田は、22日のルヴァン杯で右足を負傷して再離脱。左脚を痛めて鹿島戦を欠場した高橋や永井の起用が考えられそうだ。
 鹿島戦と第10節のC大阪戦はともにシュート5本に終わったが、その他の試合は10本前後のシュートを打っており、好機はつくっている。カウンター攻撃を増やし、最後は決定力を示せるかにかかっている。
 名古屋は昨季のJ1得点王で、今季もチーム最多の5得点をマークしているジョーが22日のルヴァン杯で負傷。欠場となれば得点源を失うが、選手層は厚く、松本山雅にとって強敵なのは変わりはない。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外