がんばれ!信州サッカー

信毎松本本社の中村副代表から協賛金の一部を受け取る松本山雅の神田社長(右)

 信濃毎日新聞社は10日、サッカーJ1松本山雅FCの運営会社に、サポーターらから募った協賛金の一部を寄付した。県内外の469人から協賛金が集まり、信毎は磐田とのJ1開幕戦があった2月23日付朝刊に協賛者の名前を並べて「OneSoul」と表現した全面広告を掲載。この日、協賛金のうち30万円を信毎松本本社の中村賢二副代表(55)が運営会社の神田文之社長(41)に手渡した。
 中村副代表は「今後の活躍に活用してもらえれば」と期待。神田社長はチーム強化などの活動資金にしたいとし「これだけの方に賛同していただき励みになる」と話した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外