がんばれ!信州サッカー

小林教育長(中央)にチケットを贈る柿本監督(左)

 東信地方を拠点とするサッカー北信越リーグ1部のアルティスタ浅間は16日、ホーム観戦用の「子ども夢チケット」約1200枚を小諸市に贈った。チケットは同市の全児童が対象で、市役所を訪れた柿本倫明監督(41)=上田市=は「少しでも子どもに見に来てもらいたい」と語った。
 アルティスタ浅間は今季、8チームによる全14試合のリーグ戦で2戦2勝の2位につけている。リーグ戦は無料で観戦できるが、「生の試合を楽しんでもらう」ためのPR用にチケットを作成。昨年から、学校や保育園を通じて東信地方の子どもに贈っている。直近のホーム戦は、19日と6月9日に佐久市の佐久総合運動公園陸上競技場で予定している。
 アルティスタ浅間の選手は仕事と競技を両立し、将来的なJリーグ参戦を目指している。チケットを受け取った小林秀夫教育長は「選手のプレーにじかに触れることは、子どもにとってすごいインパクトになる」と述べ、チームの上位進出を期待した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外