がんばれ!信州サッカー

AC長野―日テレ 前半、日テレの籾木(左)らと競り合うAC長野・横山(左から3人目)

 サッカー女子なでしこリーグ1部は第9節最終日の19日、長野Uスタジアムなどで4試合が行われ、AC長野パルセイロ・レディースは首位の日テレと0―0で引き分けた。勝ち点を9とし、順位は前節と同じ8位でリーグ前半戦を終えた。
 AC長野は日テレにボールを支配されながらも粘り強く守り、横山がハーフライン付近から長いドリブルでシュートを放つなどして反撃した。観客数は2195人。
 6月7日にフランスで開幕する女子ワールドカップ(W杯)前のリーグ最終戦。W杯の審判員に選ばれている日本人4人のうち山下良美主審、手代木直美副審、坊薗真琴副審が、この試合で審判員を務めた。
 AC長野の次戦は25日のカップ戦1次リーグ第3節で、日体大と敵地で戦う。リーグ戦は8月31日に再開し、AC長野は9月1日、新潟と敵地で対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外