がんばれ!信州サッカー

負傷の橋内に代わり、11試合ぶりの先発を目指して練習する松本山雅・エドゥアルド(左から2人目)

 サッカー明治安田J1第16節は22、23日と7月31日に各地で9試合を行う。勝ち点16で14位の松本山雅は22日、横浜市の日産スタジアムで4位(勝ち点27)の横浜Mと対戦する。同じ下位相手に2試合続けて勝てなかった松本山雅は、今節負ければ最下位の18位まで転落する可能性がある。リーグ最多得点の強敵相手だが、何とか勝ち点をもぎ取りたい。
 3バックで開幕からフル出場してきた橋内が、前節の仙台戦で右膝を痛めて離脱。代わってエドゥアルドが11試合ぶりに先発する見通しで、新たな顔ぶれの守備陣が連係を保って粘り強く守れるかがポイントになる。
 南米選手権に出場している日本代表の前田は今節も不在。単調な攻撃に終始している課題を解消するため、今週の練習ではこれまでのワントップから、前線のターゲットを増やす3―5―2の布陣を試す機会が多かった。足を痛めて19日までの全体練習を回避した永井も20日の非公開練習には参加。攻撃陣も新たな顔ぶれや並びをぶつける可能性がある。
 横浜Mは、得点ランクトップタイの7得点をマークしているマルコスジュニオールが出場停止。同じポジションの三好も日本代表活動のため不在だが、選手層は厚い。2試合連続4得点をマークしているホームでは、今季無敗の強さを見せている。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外