がんばれ!信州サッカー

G大阪戦に向けて練習する松本山雅・藤田

 サッカー明治安田J1第17節は29、30日に各地で9試合を行う。勝ち点16で16位の松本山雅は29日、松本市のサンプロアルウィンで14位(勝ち点17)のG大阪と対戦する。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場のため第16節が未消化の浦和ら4チームを除き、今節が前半最終戦。松本山雅は連敗を止めて後半戦へ折り返したい。
 仙台と横浜Mに零敗した松本山雅は、12位から16位まで後退。総得点は鳥栖と並んでリーグ最少の8で、得点力不足が低迷を招いている。ここにきて主力にけが人が相次ぎ戦力事情は苦しいが、3試合ぶりのゴールで先手を取れるかがポイントになる。
 南米選手権に出場した日本代表の前田が27日に帰国。調整時間は短いが、先発起用の可能性もある。永井が再び足を痛めて全体練習を回避しており、攻撃陣の組み合わせは流動的だ。
 前節は、今季初めてスタートから2トップの布陣を採用し、高い位置から相手ボールに圧力をかける守備戦術に変更した。試合には敗れたが、攻守に積極性と躍動感を取り戻した内容に手応えが残っただけに、その流れを今節は結果につなげられるかが問われる。
 G大阪は、遠藤や今野ら元日本代表のベテランから高江や福田ら若手に先発をシフトした第12節から無敗。食野は最近3試合で2得点している。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外