がんばれ!信州サッカー

横浜M―松本山雅 前半、シュートを外して悔しがる松本山雅・山本大

 明治安田J1第16節第1日は22日、横浜市の日産スタジアムなどで6試合を行い、松本山雅は横浜Mに0―1で敗れた。2連敗で勝ち点16は変わらず、14位から今季ワーストの16位に後退した。
 松本山雅は前節から先発を3人入れ替え、今季初めて3―5―2の布陣でスタートした。レアンドロペレイラに代えて山本大が初先発して永井と2トップを組み、中盤はパウリーニョが4試合ぶりに先発復帰。3バックの左は右膝を痛めた橋内に代わりエドゥアルドが11試合ぶりに先発した。
 松本山雅は前半から守備に追われる時間が長かったが、積極的に相手ボールに寄せる守りでゴールを割らせない時間が続いた。しかし、後半35分にエジガルジュニオに先制点を決められると、好機を生かせず2試合続けて無得点で敗れた。
 前節を終えて松本山雅より下位だった清水とG大阪は、ともに終了間際の得点で勝利した。同節の残り3試合は23日と7月31日に行う。
 第17節は29、30日に行い、松本山雅は29日にホームで暫定13位のG大阪と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外