がんばれ!信州サッカー

 サッカー明治安田J1第20節は20日と27日に各地で9試合を行う。勝ち点17でJ2降格圏の17位に沈む松本山雅は20日、松本市のサンプロアルウィンで7位(勝ち点28)の広島と対戦する。強敵から勝利をもぎ取り、6戦未勝利のトンネルから抜け出せるか。
 今節から夏の移籍期間を利用した新戦力の起用が可能になる。松本山雅はJ2山形からFW阪野、J2柏からDF高木を獲得。山形の主力として今季のJ2リーグ戦で7得点を挙げている阪野は広島戦でのメンバー入りが有力だ。
 総失点がリーグ3番目に少ない広島の堅い守備ブロックを、松本山雅の攻撃が突破できるかがポイント。先発は前節まで3試合続けて同じ顔ぶれだったが、今節は攻撃力のあるパウリーニョを4試合ぶりに先発起用する可能性がある。最近3試合で2得点しているセットプレーは、高さのある高崎が入ったことで精度が上がっている。先手を取って勝機を見いだしたい。
 広島はボールを動かすことがうまく、前線やサイドに個の力が高い選手がそろう。前回対戦で決勝点を奪われた左サイドの柏はチーム最多の5得点。2試合連続先発しているパトリックも決定力がある。松本山雅はサイドで起点をつくろうとする広島の攻撃を、連動したプレスで抑え込めるかがポイントだ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外