がんばれ!信州サッカー

 2017年から在籍するJ2山形の中心選手。今季はチーム最多の7得点をマークし、好調のチームはJ1自動昇格圏につける。シーズン途中での松本山雅からのオファーに「悩んだ」というが、「J1にチャレンジできるチャンスを選ぶ」と移籍を決断した。
 クロスボールやラストパスをワンタッチでゴールにつなげる形が得意。前線でのハードワークをいとわず、ボールを収めて起点になる役目も担える。16、17年のJ2では2年連続で2桁得点をマーク。得点力不足が課題の松本山雅では即戦力の期待が懸かる。
 18年の天皇杯全日本選手権では、J1勢を次々と破って4強進出。FC東京、川崎、仙台を相手に4得点を挙げた。「J1を近くに感じることができた」と自信を深めるきっかけになった。
 J1浦和でプロ生活をスタートさせたが、3年目からはJ2でのプレーが続いた。「ずっとJ1のことを思い続けてきた。久しぶりのJ1にワクワクしている」。J2で蓄えた力と、J1への高ぶる気持ちを目の前の試合にぶつける決意だ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外