がんばれ!信州サッカー

 サッカーJ1松本山雅のFW前田大然(21)に、ポルトガル1部マリティモから獲得オファーが届いていることが18日、分かった。関係者によると、クラブ間で移籍の合意には至っていない。前田は18日の取材に「今は(20日の)広島戦に集中したい」と話した。
 大阪府出身の前田は加入4年目。スピードを武器に松本山雅の主力に定着し、2020年東京五輪世代の年代別日本代表でも活躍。今年6月には年齢制限のない日本代表に初選出されて南米選手権に出場した。今季のJ1リーグ戦は17試合出場1得点と結果を残せていないが、攻守に貢献度は高く、シーズン途中の移籍となればJ1残留争いをするチームにとっては大きな戦力ダウンになる。
 前田は以前から海外移籍の希望を公言しており、この日の取材にも「決断はできている」とコメント。反町康治監督は「本人の意向を尊重したい」と話し、交渉がまとまれば移籍が実現する可能性がある。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外