がんばれ!信州サッカー

20日の広島戦でゴールを決めて仲間と喜ぶ松本山雅・前田大然(中央)

 サッカーJ1松本山雅のFW前田大然(21)が、ポルトガル1部マリティモに期限付き移籍することが20日、関係者への取材で分かった。松本山雅が21日にも正式発表する。20日にホームで行ったJ1第20節の広島戦が、松本山雅では移籍前最後の試合になった。
 前田は大阪府出身。山梨学院大付高から2016年に松本山雅に加入すると、50メートル5秒7のスピードを生かして主力に成長した。来年の東京五輪に出場する年代別日本代表でも活躍。今年6月には年齢制限のない日本代表に初選出され、南米選手権に出場した。
 20日の広島戦では後半25分に今季2点目となる同点ゴールを決めた。試合後の取材に、「(移籍について)今は何も言えない」と明言しなかったが、「今日ゴールを決めることが大事だった。サポーターには本当に感謝している」と話した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外