がんばれ!信州サッカー

浦和戦で移籍後初ゴールを狙う松本山雅・阪野(中央)

 サッカー明治安田J1第24節は23、24日に各地で9試合を行う。勝ち点20で17位の松本山雅は23日、さいたま市の埼玉スタジアムで10位(勝ち点30)の浦和と対戦する。10戦連続未勝利の松本山雅は、勝ち点18で最下位の磐田とともにJ1残留争いから取り残されつつある。さらに足踏みが続けば、目標のJ1残留が厳しくなる瀬戸際に立たされる。
 前節の名古屋戦は後半35分に先制したものの、ロスタイムに同点ゴールを許して勝ち点3を逃した。ただ、高い位置から圧力をかける守備と、ゴール前に人数をかける厚い攻撃には手応えも残った。中4日で迎える今節は状態を整えた上で、手応えを結果につなげられるかがポイントだ。
 先発は前節と同じ顔ぶれが濃厚。元日本代表の水本が加入した3バックはボールを持った時の安定感が増しており、自陣から攻撃を組み立てる回数が増えている。個の能力が高い浦和に対して守備に回る時間が長くなりそうだが、相手の攻勢に耐え、攻撃の回数を増やすことが重要になる。
 浦和は前節、神戸に0―3で敗れて4戦連続未勝利。チーム状態は決して良くなく、松本山雅にも付け入る隙があるだろう。攻撃は9得点をマークしている興梠への依存度が高く、松本山雅は前回対戦でも得点を許している相手エースを封じられるかが鍵を握る。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外