がんばれ!信州サッカー

3カ月ぶりの公式戦出場を目指して練習する松本山雅・セルジーニョ(中央)

 サッカー明治安田J1第21節は3、4日に各地で8試合を行う。勝ち点18で16位の松本山雅は4日、川崎市等々力陸上競技場で4位(勝ち点38)の川崎と対戦する。松本山雅は海外移籍した前田が抜けて最初の公式戦。新戦力を含めた周りの選手が前田の穴を埋められるかがポイントになる。
 中3日での3連戦となる川崎に対して、松本山雅は前節から2週間の間隔が空いた。この間に、新戦力の阪野と高木の融合を進め、故障離脱していた永井と町田が復帰。選手間競争は激しくなっており、その勢いを強豪相手にぶつけたい。
 攻撃陣は、ワントップに阪野、攻撃的な1・5列目でセルジーニョの先発起用が有力。川崎に押し込まれて攻撃の回数が限られる展開になりそうで、奪ったボールを有効な攻撃につなげられるかが鍵になる。
 川崎は3試合連続得点をマークしている小林を筆頭に攻撃陣の層が厚い。松本山雅が勝ち点を得るためには、ゴール前に人数を集めて粘り強く守り、無失点の時間をどれだけ長くできるかに懸かってくる。
 試合当日は、松本山雅に所属していた2011年に急性心筋梗塞のため亡くなった元日本代表の松田直樹さんの命日。選手たちは追悼の意味を込め、松田さんが付けた背番号3の練習着を着てウオーミングアップをする予定だ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外