がんばれ!信州サッカー

岡谷市街地の店舗で、松本山雅のポスターを配るサポーター(左)

 サッカーJ1松本山雅FCの運営会社が25日、チームカラーの緑色を基調とした応援ポスターを店舗などに配った「夏の緑化計画」は、諏訪地方では岡谷市で実施した。社員や南信地方のサポーターら計約20人が、B2、B3判の計約200枚を配った。
 ユニホーム姿で躍動する選手13人を載せたポスターには、9月29日以降にホームのサンプロアルウィン(松本市)で行う試合日程が記されている。店頭に張ってもらうことで緑色で街を彩り、応援ムードを高める狙いがある。
 この日、参加者は4班に分かれ、選手を紹介する冊子と一緒にポスターを配って歩いた。サポーターの会社員、粥川竜希さん(19)=下條村=は「まずJ1に定着してもらい、いずれは頂点を取れるチームになってほしい」。ポスターを受け取った中央通り商店街の女性店主(77)は「山雅ファンのお客さんは多いので応援している」と話し、早速店内に張り出した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外