がんばれ!信州サッカー

大分戦に向けて練習する松本山雅・町田(右)

 サッカー明治安田J1第25節は30日?9月1日に各地で9試合を行う。勝ち点23で17位の松本山雅は31日、松本市のサンプロアルウィンで8位(勝ち点35)の大分と対戦する。前節、浦和に逆転勝ちして11試合ぶりの勝利を挙げた松本山雅。今節は、今季まだない連勝で勝ち点を積み上げ、残り10試合のJ1残留争いに弾みを付けたい。


 浦和戦は前半に先制されたが、後半途中から選手交代とシステム変更で流れを引き寄せて逆転に成功。16位鳥栖との勝ち点差は1に縮まった。連勝で一気にJ2降格圏を脱することができるかがポイントだ。


 今節はパウリーニョが警告累積で出場停止。ボランチは藤田と宮阪のコンビが有力だが、2週間前にJ2千葉から加入した山本真を起用する可能性もある。中盤の中央を3人にして前線を2トップにするシステムも「選択肢の一つ」と反町監督。どちらの布陣でも、ボールを保持しながら機を見て長いボールで仕掛けてくる大分の攻撃を食い止めることが重要だ。


 攻撃は、阪野と永井が高い位置で起点をつくることで厚みが出ている。ゴール前に人数を集める大分の守りを、セルジーニョや町田、杉本らを絡めた連係で崩したい。5試合ぶりの先発を狙う宮阪には精度の高いキックがあり、セットプレーの守備が堅い大分との攻防は見どころになる。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外