がんばれ!信州サッカー

FC東京戦に向けて練習する松本山雅・高橋

 サッカー明治安田J1第27節は28、29日に各地で9試合を行う。勝ち点24でJ2降格圏の17位に沈む松本山雅は29日、松本市のサンプロアルウィンで首位(勝ち点52)のFC東京と対戦する。16位鳥栖との勝ち点差は3で、残り8試合。首位相手とはいえ、松本山雅にはホームでの勝ち点3が求められる。
 前節の神戸戦は終始、試合の主導権を握られて4試合ぶりの黒星を喫した。反町監督は「停滞感を打破するために好調な選手を使う」と強調。前節からの2週間を使ってさまざまな選手の組み合わせを試し、今節も複数のポジションで先発を入れ替える方針だ。
 総失点21がリーグ2番目に少ないFC東京に対して、先に失点すると逆転勝ちは厳しくなる。総得点が16でリーグ最少の松本山雅は攻撃力に課題を抱えるが、勝つためには先制点が是が非でも必要だ。FC東京の堅いブロックを崩す狙いで、杉本や町田らを先発起用する可能性もある。走力を生かして攻撃に厚みを持たせる練習にも力を入れており、いい形でペナルティーエリアに進入する回数を増やしたい。
 FC東京は、13得点のディエゴオリベイラと8得点の永井の2トップによるカウンター攻撃が強力。松本山雅は通常よりボールを保持する時間が長くなるとみられるが、失点のリスク管理は徹底したい。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外