がんばれ!信州サッカー

鹿島戦に向けて練習する松本山雅・守田

 サッカー明治安田J1第29節は18、19日に各地で9試合を行う。勝ち点28で17位の松本山雅は18日、松本市のサンプロアルウィンで首位(勝ち点55)の鹿島と対戦する。7戦連続無敗で前節首位に浮上した鹿島は強敵だが、複数の主力をけがで欠いて万全ではない。松本山雅はJ1残留のために勝機を生かしたい。
 鹿島は11得点のセルジーニョやボランチのレオシルバ、センターバックの犬飼らが負傷中。いずれも攻守の軸を担う選手で、戦力事情は苦しいはずだ。先制すると巧みな試合運びで逃げ切る強さがあるだけに、松本山雅は先手を取れるかどうかがポイントになる。
 松本山雅は第27節のFC東京戦から採用している3―5―2の布陣を継続する見通し。先発も3試合続けて同じ顔ぶれになりそうだ。永井、セルジーニョ、杉本、町田の前線4人は好連係から多くのチャンスをつくりだしており、決して多くないであろう決定機を確実にものにできるか。
 1―0で勝利した前節の仙台戦は、鋭い出足で球際の攻防を制して主導権を握った。前線と中盤で走力を生かして相手のパスコースを消し、ゴール前では集中力を切らさず体を張った守りが機能。今季初めて2試合続けて相手を零封した。高い決定力でリーグ2位タイの50得点をマークしている鹿島に対しても粘り強く守りたい。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外