がんばれ!信州サッカー

 サッカー女子なでしこリーグ1部・2部入れ替え戦は10日、堺市のJ―GREEN堺S1メインフィールドで初戦を行い、1部9位のAC長野パルセイロ・レディースと2部2位のC大阪堺が対戦する。最終節に勝って自動降格を免れたAC長野。逆境での強さを武器に、残留につながる勝利を目指す。
 入れ替え戦はホームアンドアウェー方式。昨季1部のC大阪堺との対戦成績は、AC長野の2勝だった。AC長野は冷静に試合に臨み、確実にゴールを奪いたい。
 最終節に先発出場した選手の平均年齢は、C大阪堺が18・7歳、AC長野は23・5歳だった。女子ワールドカップに出場した日本代表FW宝田は、けがで直近2試合はベンチ外。MF林には警戒が必要だ。
 本田監督は「1部のプライドを持って(敵地に)乗り込み、経験とパワーでねじ伏せたい。できれば2点でも3点でも取りたい」と力を込めた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外