がんばれ!信州サッカー

全体練習後、シュート練習する横山

 サッカー女子なでしこリーグ1部・2部入れ替え戦はホームアンドアウェー方式の第2戦が16日、長野Uスタジアムで行われる。1部9位のAC長野パルセイロ・レディースは1部残留を懸け、2部2位のC大阪堺と最終決戦に臨む。
 第1戦は両チームともに決定力を欠き0―0。AC長野は第2戦に勝てば残留、負ければ降格が決まる。再び0―0で引き分けた場合は前後半各10分の延長戦を行い、それでも決着がつかなければPK戦を実施する。失点して引き分けた場合は、C大阪堺がアウェーゴール数で上回り、降格が決まる。
 AC長野は第1戦で両サイドバックの裏を突かれた。DF五嶋らのカバーで防いだものの、怖さのある攻撃をどう封じるかが鍵。攻撃面では、U―19日本女子代表に招集され1試合目が不在だった滝沢が、復帰するのは明るい材料だ。本田監督は「90分で2点取って勝つ」と強気だ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外