がんばれ!信州サッカー

横浜M戦での先発復帰に向けて練習する松本山雅・田中隼(左)

 サッカー明治安田J1第32節は23日、各地で8試合を行う。勝ち点30でJ2降格圏の17位の松本山雅は、松本市のサンプロアルウィンで2位(勝ち点61)の横浜Mと対戦する。横浜Mは4試合続けて複数得点をマークして4連勝中。松本山雅は苦戦必至だが、今節を含めて残り3試合に残留の望みをつなぐためにも勝ち点をもぎ取りたい。
 松本山雅は前節、勝ち点差2で追っていた鳥栖との直接対決に敗れた。無条件で残留できる15位との勝ち点差は5に開き、残留争いは厳しさを増したが、J2との入れ替え戦に回る16位湘南とは勝ち点差1。最終の第34節は湘南との直接対決で、自力で残留を決める道は残されている。
 横浜M戦は、前節から複数のポジションで先発を入れ替えることが濃厚だ。中盤の右は田中隼の6試合ぶりの先発復帰が有力。町田とセルジーニョを右脚のけがで欠く前線には、新外国人のイズマや安東、岩上らを起用する可能性がある。
 横浜Mはリーグ最多の60得点をマークする攻撃力を誇る。高い技術に加えて素早い攻守の切り替えや選手個々の活動量があり、松本山雅は早い時間帯に先制を許せば一方的な展開に持ち込まれる恐れもある。15得点のマルコスジュニオールや13得点の仲川らを抑えつつ、永井を中心にカウンター攻撃からゴールに迫りたい。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外