がんばれ!信州サッカー

G大阪戦に向けて練習する松本山雅・水本(中央)

 サッカー明治安田J1第33節は30日、各地で9試合を行う。勝ち点30で17位の松本山雅は、大阪府吹田市のパナソニックスタジアム吹田で9位(勝ち点41)のG大阪と対戦する。松本山雅が勝てず、勝ち点32の16位湘南が勝てば、最終節を残して松本山雅のJ2降格(17位以下)が決まる。松本山雅は湘南と当たる最終節に残留の望みをつなげるかが焦点になる。
 鳥栖と横浜Mに2連敗し、崖っぷちに追い込まれた松本山雅。ともに早い時間帯に失点し、2試合続けて無得点に終わる同じ試合展開で敗れている。攻撃力の高いG大阪に対して高い集中力を持って試合に入り、先手を与えないことが重要だ。
 松本山雅は右脚を痛めて3試合欠場した町田が復帰。4試合ぶりの先発出場に意欲を示す。直近2試合はともにシュート5本以下と好機をつくれておらず、永井や杉本、阪野やイズマら攻撃陣はゴールに迫る回数を増やしたい。7試合ぶりに対戦する3バックの相手をどう崩すかもポイント。試合終盤は、同時刻に試合が始まる湘南の経過も踏まえた対応が必要だ。
 G大阪は元日本代表の宇佐美と井手口が夏の移籍で復帰。宇佐美は3試合連続得点中と好調だ。前節の勝利で残留を決め、今節はホーム最終戦を白星で飾ろうと攻勢を強めるのは必至。松本山雅は強い精神力を持って対抗したい。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外