がんばれ!信州サッカー

C大阪―松本山雅 後半17分、松本山雅・杉本(左)が同点ゴールを決める

 明治安田J1第30節第2日は2日、大阪市のヤンマースタジアム長居などで7試合を行い、松本山雅はC大阪と1―1で引き分けた。今季最長となる4戦連続無敗で勝ち点30。J2降格圏の17位は変わらないが、横浜Mに1―2で敗れた15位鳥栖との勝ち点差を2に縮めた。勝ち点31で16位の湘南は3日にG大阪と対戦する。
 松本山雅は右脚を痛めたセルジーニョに代えて中美をFWで起用。さらに前日練習で右脚を痛めた町田がメンバーから外れ、パウリーニョが2列目に入った。
 先制はC大阪。前半24分に松田の右クロスをソウザが頭で決めた。後半は松本山雅が高い位置から相手ボールに圧力をかけて流れを引き寄せると、17分にペナルティーエリア内で永井のパスを受けた杉本が右足で決めて追い付いた。勝ち越し点は奪えなかったが、C大阪の攻撃をゴール前ではね返して2点目は与えず、敵地で貴重な勝ち点1を得た。
 松本山雅の次戦は10日の第31節。佐賀県鳥栖市で鳥栖と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外