がんばれ!信州サッカー

AC長野―ノジマ 後半25分、ヘディングで決勝ゴールを決めるAC長野・鈴木陽

 サッカー女子なでしこリーグ1部最終節は2日、各地で5試合を行い、日テレが仙台を4―0で下し、勝ち点42で史上初の5連覇を達成した。AC長野パルセイロ・レディースはホームでノジマステラ神奈川相模原に2―1で勝ち、9位で今季を終えた。AC長野は1部残留を懸け、2部2位のセレッソ大阪堺レディースとの入れ替え戦に臨む。
 AC長野は前半22分、FW横山のミドルシュートで先制。4分後に失点して追い付かれたが、後半25分にFW鈴木陽が横山のシュートのこぼれ球を頭で押し込み、勝ち越した。観客数は1530人。
 最下位の日体大は降格が決まり、2部優勝の愛媛が1部に上がる。日テレのFW田中が4季連続で得点王を獲得した。
 1部と2部の入れ替え戦はホームアンドアウェー方式で行う。日程は後日発表される。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外