がんばれ!信州サッカー

 最終ラインからFWまで、GKを除けば全てのポジションを経験した万能型。走力や技術、戦術眼を高いレベルで兼ね備える。「サッカーで苦手なことはない」と言い切り、「監督が求めることや、チームのスタイルに合わせてプレーしたい」と強調する。
 松本山雅のホームスタジアムが持つ力を、対戦相手として痛感した経験が忘れられない。J2山形で背番号10を付けて臨んだ2017年の松本山雅戦。チームは後半立ち上がりに勝ち越しに成功したが、「スタジアムの圧力がすごかった。チームに焦りを感じ、絶対にひっくり返されるという感覚だった」。案の定、そこから2失点して逆転負け。「サポーターがつくり出す雰囲気はかなり大事」と言葉に力を込める。
 18年からは川崎とG大阪でJ1の舞台を経験したが、納得のいくプレーができず、定位置を確保するには至らなかった。「J1で活躍して日本代表になる目標は変わらない。ただ、今は松本山雅でもらったチャンスで頑張りたい」。182センチ、76キロ。神奈川県出身。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外