がんばれ!信州サッカー

YO−YOテストに臨む田中隼(左)ら松本山雅の選手たち

 サッカーJ2松本山雅は1次キャンプ第6日の20日、千葉県東金市で午前と午後の2部練習をした。午前は、走力や心肺能力の指標となる「YO―YO(ヨーヨー)テスト」を行い、チーム最年長で37歳の田中隼がトップの数値を記録した。午後はゴール前の攻防や、10対10のゲーム形式で主に守備をテーマにした練習に取り組んだ。
 テストは、制限時間内に往復40メートルのシャトルランを何回できるか計測する内容。制限時間は次第に短くなる。田中隼は55往復して2200メートルをマーク。藤田が2080メートル、新加入の吉田が2000メートルで続き、この3人が2000メートルを超えた。昨年の1次キャンプでは前田大然(ポルトガル1部マリティモに期限付き移籍中)が2280メートルでトップだった。
 布監督は「やはり(田中)隼磨はすごい。他の選手も頑張ってくれた」と話していた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外