がんばれ!信州サッカー

 サッカーJ2松本山雅は1次キャンプ第7日の21日、千葉県東金市で午前と午後の2部練習をした。午前は筋力トレーニングと俊敏性を養うメニューを取り入れたフィジカルトレーニングを行い、午後はゲーム形式の練習で攻撃の組み立てを確認した。
 ゲーム形式の練習は、狭いエリアでの8対8や、縦の長さを約30メートル短くしたピッチでの10対10で行った。布監督は、攻撃時にはボールの状況を見て各選手が立ち位置を判断し、守備時には相手ボールに連動して圧力をかける意識を要求。選手たちは実戦の中でイメージの共有を図った。
 ボールや味方の状況を見ながら柔軟に立ち位置を変える連係が不十分な場面もあり、布監督は「システムなど形で覚えるのではなく、コミュニケーションを取りながら自主的に判断できるようにしていきたい」と話した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外