がんばれ!信州サッカー

紅白戦で相手の攻撃を阻む松本山雅・浦田(右)

 サッカーJ2松本山雅は1次キャンプ第8日の22日、千葉県東金市で午前と午後の2部練習をした。午前は計4キロを走るシャトルランで走力を磨き、午後は今季初めてフルコートで紅白戦に取り組んだ。
 紅白戦は3チームが総当たりする形で約12分を3回行った。システムは18日の練習試合と同じ4―4―2を採用。攻撃では、サイドの深い位置に起点をつくるチームの狙いを実行する場面が多く、吉田や杉本らが得点を決めた。
 布監督は、守備の際にボールから遠い位置の選手が味方に声で指示を出し、チーム全体で連動することを要求。前日まではコミュニケーション不足で連係を欠くこともあったが、布監督は「少しずつ必要なことを声に出せるようになってきた」と受け止めていた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外