がんばれ!信州サッカー

 167センチ、64キロの小柄な体は躍動感の塊。繰り返し守備ラインの裏へ走って味方からパスを呼び込み、ボールを持てば切れ味鋭いドリブルでゴールに向かう積極性が光る。「開幕からレギュラー争いに入っていく」と言葉に力を込める。
 中学時代に所属したクラブチームで個人技に特化した練習に明け暮れ、高校は全国的な実績がない福岡・飯塚高へ故郷の神奈川県から越境進学した。「親元を離れて、自分のことを誰も知らないところで自分を試したかった」。2学年上の先輩が卒業後にJFLクラブに加入したことでプロの世界を身近に感じ、高校3年間はプロを目指してサッカー漬けの毎日で力を磨いた。
 グラウンドを離れれば純朴な18歳だが、ピッチの上ではスイッチが入ったかのように目の色が変わる。「サッカーの中では上下関係はない」。気後れしない姿勢は、まさにプロ向きだ。
 松本山雅以外からも興味を持たれていたが、「最初に声を掛けてくれた山雅に入ると決めていた。早くアルウィンのピッチで試合をしたい」

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外