がんばれ!信州サッカー

2次キャンプが始まり体を動かす高橋(中央奥)ら松本山雅の選手たち=鹿児島市

 サッカーJ2松本山雅は28日、鹿児島市で2次キャンプを始めた。2月8日まで12日間の日程で、連係や戦術の浸透を深める練習に取り組み、J1清水などを相手に計3回予定している練習試合を通してチームの完成度を高めていく。
 チームは、千葉県での10日間に及ぶ1次キャンプで体力の土台を築き、今季から指揮を執る布監督が目指す戦い方の方向性を共有した。この日は、Jリーグ新人研修に参加する高卒と大卒の新戦力3人を除く29選手が、午後4時すぎから約1時間10分、ランニングやパス回しなど軽めの内容で体を動かした。
 18日の練習試合で腰を痛め、1次キャンプは別メニュー調整が続いた高橋も全体練習に復帰。「予定より早く戻ってこられた。再離脱しないことを意識して、このキャンプにうまく取り組みたい」と明るい表情だった。
 31日に鹿屋体大、2月3日には清水と練習試合を行い、最終日にはJリーグクラブと非公開で仕上げの練習試合を計画している。布監督は「練習試合の相手も強くなっていく。体づくりをしっかりやりながら、(選手が)コンセプトを掌握してやれることを多くしていきたい」と話していた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外