がんばれ!信州サッカー

予定していた練習を急きょ取りやめ、今後の活動方針について取材に答える松本山雅の布監督=4日、松本市

 サッカーJ2松本山雅は4日、Jリーグが公式戦の再開日程を白紙に戻したことを受け、この日予定していた練習を急きょ取りやめた。クラブの強化担当や指導陣、選手の代表らが話し合い、5日以降は新型コロナウイルスへの感染予防対策を徹底した上で練習を続ける方針を確認した。
 この日は松本市内で午前10時から一般非公開で練習を行う予定で、選手やスタッフはいったん練習会場に集合した。3日にJリーグが日程の白紙化を決めたことで中断期間がさらに長期化するため、練習前のミーティングでこの日の練習中止を決めた。その上で、選手の状態を維持するために長期休養は設けず、練習を継続することを決めた。
 J2リーグ戦が再開予定だった5月2日に向け、前日の3日に8日ぶりに全体練習を始めたばかりだった。東京などで感染が広がっており、布監督は「(中断延長は)致し方ない」との受け止め。J2の再開は早くても2カ月後となるため、「休養と練習をバランス良く配置できるような計画を考えたい」と話した。
 主将の田中隼は「自主的にルールをつくることで責任を持って行動したい」と、選手の総意で外出制限などの感染予防対策をまとめたい考えを示した。阪野は「どんな状況でもサポーターは見てくれている。それをモチベーションにしたい」と前向きに話した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外