がんばれ!信州サッカー

 新型コロナウイルス感染防止のため活動休止中のサッカーJ2松本山雅は5日、休止期間を11日まで延長すると発表した。トップチームの他、育成組織やサッカースクールなど全ての活動が対象。今後の情勢や、国や地方自治体の判断によっては休止期間がさらに延びる可能性もある。

 トップチームは4月18日から当面の間、育成組織やサッカースクール、スポーツクラブの活動は4月中旬から期限を区切って活動を休止している。そうした中で緊急事態宣言が5月末まで延長され、松本市や塩尻市などホームタウンの一部では小中学校の休校が5月末まで延びた。練習拠点の松本市かりがねサッカー場も利用休止が続いているため、松本山雅も活動休止期間の延長を決めた。

 ウェブ上で取材に応じた運営会社の神田文之社長は「トップチームの活動再開は、かりがねサッカー場が使えるようになるかどうかがポイント。学校が休校になっているので、育成組織の休止は長く続くかもしれない」と説明。J2リーグ戦の再開は早くても7月との見方も出ており、「ストレスと戦っている選手もいる。クラブとしてサポートしながら、再開に向けたチームづくりを考えていきたい」と話した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外