がんばれ!信州サッカー

 サッカーJ2松本山雅FCの運営会社は13日夜、サポーターと選手、スタッフが今後のグッズ展開について意見を交わすオンライン会議を開いた。新型コロナウイルスの感染拡大で公式戦の中断が続く中、グッズ販売は収益の柱。サポーターから商品開発のアイデアを募ろうと企画した。
 事前に申し込んだサポーター11人のほかGK村山智彦選手(32)や熱狂的サポーターの芸人ニッチロー,さん(41)=飯田市出身=も参加。ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を通して話し合う様子は、動画投稿サイト「ユーチューブ」でも同時配信し、約700人が視聴した。
 既にTシャツや雑貨などのグッズを展開する松本山雅。女性サポーターが「クラブのロゴが目立たないと普段でも使いやすい」と話すと、おしゃれ好きの村山選手は「服の開発に携わりたい」と意欲を示した。男性サポーターの「ステイホームと言われているので、トランプはどうか」との提案には、スタッフが「作りましょう」と応じた。
 阿南高校(阿南町)サッカー部でGKだったニッチロー,さんは「キーパーグローブ風の鍋つかみ」を作る案を披露。グッズ担当のスタッフは「今後も楽しい意見を寄せてください」と呼び掛けた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外