がんばれ!信州サッカー

 18日にチーム練習を再開したサッカーJ2松本山雅は19日、松本市かりがねサッカー場で全体を3組に分けて練習の時間帯をずらしたグループ練習に取り組んだ。加入3年目のMF藤田息吹(29)が練習後にオンラインで取材に応じ、「選手たちだけでなく、監督やコーチと顔を合わせて一緒に練習できてよかった」と再始動を歓迎した。
 4月18日から1カ月間続いた活動休止中は、自宅で体幹トレーニングをしたり、人と接しない早朝にランニングをしたりして自主練習を重ねてきたという。ただ、「一人での練習には限りがある」と藤田。「チームの方が負荷が高く、より実戦に向けた練習ができる」と話し、この日はペース走やボール回しなどのメニューで約2時間、汗を流した。
 チームの選手会長として「外部の人と接触しない」など独自の感染予防対策をまとめてチームで順守するようにしている。「リーグ戦の再開が決まった時に全員で同じ方向に向かいたい。ここから少しずつ状態を上げていければ、いつ試合が再開しても不安はない」と強調した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外