がんばれ!信州サッカー

再開初戦となる金沢戦に向けて熱のこもった練習をする塚川(中央手前)ら松本山雅の選手たち

 新型コロナウイルスの影響で中断していたサッカー明治安田J2は4カ月ぶりに再開し、27、28日に各地で第2節11試合を行う。松本山雅は27日、金沢市の石川県西部緑地公園陸上競技場で金沢と対戦する。再開後は25週で41試合の過密日程が待ち受けるだけに、松本山雅は再出発の初戦を白星で飾り、今後の戦いに弾みを付けたい。
 2月23日の開幕戦で愛媛に逆転勝ちし、2連勝を狙う松本山雅に対して、ホーム開幕戦となる金沢は今季初勝利が懸かる。ともに再開初戦に向けて士気は高いはずで、松本山雅は立ち上がりから後手に回らないことがポイント。無観客で行われる会場の雰囲気に浮足立たないことも重要だ。
 開幕当初はけがで離脱していたアルバロロドリゲスや乾らが復帰。3月には常田と久保田が加入し、選手層の厚みは増した。ただ、金沢戦の先発は愛媛戦と同じ顔ぶれが軸になりそう。布監督は、状態が万全でない高橋の起用を見送る考えを示唆しており、左サイドには高木利が入る可能性が高い。
 4年目の柳下監督が率いる金沢は、ピッチ全体をマンツーマンで守る特徴的なスタイル。松本山雅は個の局面で相手に勝り、運動量や質の高い連係で相手守備を崩す狙いで臨む。身長191センチのFWルカオへの縦パスを遮断し、攻守の素早い切り替えを徹底したい。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外