がんばれ!信州サッカー

 サッカーJリーグは15日、新型コロナウイルスの影響で中断していた公式戦を再開する今月27日以降の試合日程を発表した。2月23日に開幕戦を実施しているJ2は約4カ月ぶりに再開し、松本山雅は27日に敵地で金沢との第2節に臨む。J3は開幕戦となり、AC長野パルセイロは28日に敵地で富山と対戦する。J1は7月4日に第2節から再開する。
 県勢のホーム開幕戦は、松本山雅が甲府と対戦する7月4日の第3節、AC長野は沼津を迎える同5日の第2節。Jリーグは政府方針に従い、7月9日までは無観客で、7月10日以降は段階的に観客を入れて試合を開催する考え。県勢が観客を入れて初めて行うホーム戦は、松本山雅が7月19日の群馬戦、AC長野は同15日の福島戦になる見通しだ。感染リスク低減のため7月末までは近隣チーム同士の対戦を優先した。
 最終節は例年より遅らせてJ1が12月19日、J2とJ3が同20日。それでも試合日程は過密で、松本山雅は中2〜3日の間隔で試合が続く5連戦が6回組まれている。J3はFC東京U―23が試合会場確保が困難になったとして参加を辞退し、1チームの試合数は36から34に減った。
 9月以降の詳細は、8月初旬と10月初旬に分割して発表する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外