がんばれ!信州サッカー

クラブ創設55周年を記念したユニホーム(松本山雅FC提供)

 サッカーJ2松本山雅FCの運営会社は6日、今季でクラブ創設55周年を迎えた記念ユニホームを発表した。9月に松本市のサンプロアルウィンで行う3試合で選手が着る。
 記念ユニホームは初代と今季のユニホームを連想させる紺色や金色を取り入れた。左袖には55周年の記念ロゴを付けた。運営会社担当者は「55周年にふさわしいデザイン。ぜひ選手と一緒に着て応援してほしい」とPRしている。
 山雅は1965(昭和40)年、松本市の松本駅前にあった喫茶店「純喫茶山雅」の常連客がつくった同好会「山雅クラブ」として始まった。
 一般にも受注販売し、7月12日〜9月30日、松本市のレアルスポーツやインターネットで受け付ける。サポーターナンバー「12」の背番号入り1万7900円(税込み)など。問い合わせはレアルスポーツ(電話0263・87・7241)へ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外