がんばれ!信州サッカー

 サッカー女子なでしこリーグ2部のAC長野パルセイロ・レディースが、2021年秋に開幕する新設の女子プロリーグ「WEリーグ」への参入申請を行ったことが31日、分かった。WEリーグは6〜10チームでスタートする予定。申請は7月末が締め切りで、10月に参加クラブが発表される。
 プロリーグは「秋春制」を採用し、初シーズンは21年9月に始まり22年5月ごろ終了予定。アマチュアで存続するなでしこリーグへの降格は複数年は実施しない。
 参入基準として、保有選手は原則年俸上限のないA契約5人以上、上限があり最低年俸270万円以上のB、C契約10人以上が必要。コーチングスタッフ、役員にそれぞれ女性を1人以上含み、3年以内に職員の半数以上を女性とすることも求められている。
 AC長野は15年に2部で優勝、16年から昨季まで1部に所属した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外