がんばれ!信州サッカー

町田戦でJ2初出場を果たした松本山雅の吉田(中央)と大野(左)。新戦力が台頭できるか

 サッカー明治安田J2第9節は1、2日に各地で11試合を行う。2連敗中で今季最低の16位(勝ち点9)まで後退した松本山雅は2日、松本市のサンプロアルウィンで5位(同13)の北九州と対戦する。相手は2連勝中と勢いに乗るが、松本山雅はシーズン序盤での3連敗は是が非でも避けなければならない。
 前節の町田戦はPKの先制機を決められず、警戒していたセットプレーから失点。若手を多く起用した布陣もプレーの精度や運動量が低調で、2試合続けて無得点で敗れた。中3日での試合が続き体力的には厳しいが、球際や走力といった戦う姿勢で相手を上回る原点に立ち返りたい。
 相手からプレスを受けると簡単にボールを失ったり、ゴールに向かう攻撃の組み立てができなかったりする課題が出ている。負けた試合は先制を許し、シュート数が1桁に抑えられて反撃できていないことが共通点。3試合ぶりの勝利には、多くの好機をつくりながら先制点を奪う試合運びが求められる。セルジーニョと高橋が全体練習に復帰し、戦力は少しずつ戻ってきている。
 昨季J3で優勝し、4年ぶりにJ2に復帰した北九州は、ここまで5失点と堅守が光る。短いパスをつないで連係からゴール前を崩す形が得意で、3得点のディサロは2試合連続ゴールをマークしている。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外